ファイルのバージョン管理をすると楽!おすすめのツール3選。

投稿日:

バージョン管理で、修正箇所を楽に探せるし、
ファイルのバックアップもできるので安心だ!

ブログ記事を作成したり、ブログのカスタマイズのために、
HTMLやCSSを作成、変更したりすること機会は、
結構多くなってきてませんか?

filever-ctrl-01.png



- スポンサードリンク -

そんな時に役に立つのが、修正を行う度にファイルを作業履歴を保存し、
その保存した状態を、あとでから復元できるようにする
「バージョン管理」というしくみです。

今回は、 ファイルをバージョン管理するメリットと

テキストファイルでも利用しやすい3つのバージョン管理ツールをご紹介します。


バージョン管理と聞くとシステムの開発者などのプロフェッショナルが利用するもの
と思われるかもしれません。


ただ、一般文書でもバージョン管理ツールを使えば、修正すべき箇所を
作業しながらまたは、後からでも参照することができて、


修正箇所を容易に把握することができて、かつ以前のものに復元をできるので文章の作成に
おいてもとても役に立つものになります。

バージョン管理とは?

バージョン管理とは、予期せぬトラブルで
まったく、復元できないということを避けるために

前もってデータの新旧履歴を
管理しつつバックアップを自動で取っておくシステム
です。


バソコンでファイルを作成しても、
データとして保存しますが、

予期せぬトラブルでデータが消失してしまったら、
困りますね。

そのデータを以前作成したものに遡って復元できれば、
損失を最小限に抑えることができますね。


テキストファイルのバージョン管理をすることのメリット


バージョン管理というと、いかにもプロフェッショナルな
開発者やWebデザイナーのイメージがあるかもしれません。

でも、一般的にパソコンで作業をする方でも

ファイルのハージョン管理をするメリットが多々あります。

それでは、ファイルのバージョン管理はどんなメリットがあるのでしょうか。

どのように作業をしてきたのかがわかる。

パソコンで文書作成の作業をしたときに、一度では最終版として完成しないので
しばしば、修正をして改訂版を作成します。

その過程で、修正前後のファイルでどこを修正するべきなのか、
違っている場所や、修正箇所がわからなくなってしまうことありませんか?

ファイルの修正前後の履歴をバージョンごとに保存しておくと、
過去に何を書いて、今回はどこを修正すべきなのか、

ファイルを比較しながら、迷うことなくファイルの修正をすることができます。

以前のバージョンでファイル復元ができる。

今回作成したファイルが、原因不明で突然アプリが強制終了して保存できなかった。
または、消失してしまった。

と言った場合や、

以前作成した文章のほうが良かったとか、
今回のファイルではエラーが出たので、以前のものに差し替えたい。

など、旧版のファイルに復元が容易にできます

長文のファイルや複雑にいろいろと変更した場合などでも
復元が簡単にできます。

おすすめのバージョン管理ができるシステムやアプリ3選

日々作成するファイルを名称を連番や日付を付けて保存しておけば、
文書自体のバージョン管理はできますが、手間がかかります。

一番のネックは、連番で作成したファイルの中身が、
どのように作成されて、どこを変更したら良いのかわからないところではないでしょうか?

バージョン管理のできるツールを使用すると、
今作業しているファイルを変更することに、変更箇所の履歴が保存されます。

ここでは、無料で使用できるバージョン管理の仕組みを紹介しますので
使えそうと感じたらぜひ使って下さい。

1. Googleドキュメント

googledoc-01.png

https://www.google.com/intl/ja_jp/docs/about/

Googleが提供するブラウザでファイルを作成、編集できる無料サービスです。
マイクロソフトオフィスとWordやExcelに似たファイルを作成できるオンラインのサービスです。
また、作成したファイルをPDFなどに書き出すことができるので、けっこう便利です。


いくつか試した中で、今の私の文書作成作業では、

Googleドキュメントが合っているようです。

バージョンに名前をつけることができるので、

初版、ある時点の修正版、そして完成版など
自分でわかりやすい名前をつけておくことができます。

2.Git

git-01.png

https://git-scm.com/

Gitはプログラムのソースコードを保存して管理できるツールです。
もとは、アプリ開発などのプログラマー向けですが、一般のテキストファイルなどの管理にも利用することができます。


変更履歴を残すことかできて、以前の状態に戻すことが可能です。
また、それだけではなく、変更された箇所を確認することもできます。


データの保全という点では、複数のサーバーを利用して運営しているので
保存したデータが消失するリスクも低いことがよいところと言えます。

サーバーを分散して運用しているところが、プログラマーたちに広く
受け入れられている理由でしょうね。

Macのデスクトップ版のアプリがあるので試してみましたが、
バージョン管理が無理なくできますね。

3.AutoVer

autover-01.png

http://beanland.net.au/AutoVer/

AutoVerは、リアルタイムでデータのバックアップが行うことできる管理ツールです。

プログラミングのソースコードを作成を想定して作られたツールですが、
テキストファイルなどのバージョン管理に利用できます。

変更をおこなう度に履歴を保存できるだけでなく、
変更前後の容易にできます。

ただ、私の場合は、ブログラミングをつくるわけではないし、
リアルタイムでバックアップを行うほど

切迫した状況で作業をしているわけではないので
参考程度に使っただけにとどまっています。

まとめ

今回紹介した中でも、私は特に特にGoogleドキュメントが気に入っています。
冒頭でお伝えしたとおり、文書の履歴保存やPDFの作成までできてしまいます。

そのため、Googleドキュメントをメインで使っています。


バージョン管理とは、作成時点から、現在までの状態を保存して、
ファイルの履歴を保存したり、ファイル自体のバックアップをまとめて管理することです。

アプリケーションやホームページなどの開発において一般的に用いられている手法ですが、
ブログの投稿記事の作成や変更箇所の管理においても役に立つでしょう。

特に私の場合は、ブログのカスタマイズで、

  • HTMLでレイアウトを変更したり、
  • CSSでブログの見た目を変更するときなど、

トライアンドエラーを繰り返すので、バージョン管理ツールがとても役に立ちます。

バージョン管理ツールを利用すると新旧ファイルの変更点を比較して
探し当てることが簡単にできるし、復元も容易です。

実際に使用してみてからは、作業がとても楽になりました。

文書の新旧で変更箇所を探すことは、意外に時間や手間がかかるので
バージョン管理ツールで一気に時短して、かつ手間を省きましょう。

今回は以上です。

このサイトは、リンクフリーです。

もし、気に入っていただけましたら、
SNSやみなさまのブログなどでご紹介ください。

その際は、このアドレスをそのまま貼っていただけると
うれしいです。

今回の紹介するアプリ。

1. Googleドキュメント

2.Git

Git

git-scm.com

3.AutoVer

Beanland: AutoVer

beanland.net.au

今回の紹介する製品。

特になし。

関連記事

下記も参考にしてください。
Googleドキュメントが開けて便利!EvernoteとGoogleドライブの連携方法

関連サイト

下記の記事を参考にさせていただきました。

ブログランキング


インターネット・コンピュータランキング

- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。