XAMPP-VMを簡単インストール。Macに開発環境ができて便利だ!

投稿日:

久しぶりにXAMPPを使おうとサイトを見たら、
XAMPPがリニューアルしてVM(仮想環境)になっていた。

 

- スポンサードリンク -

今回は、XAMPP-VMをMacにインストールする方法について書きます。

 

XAMPPをインストールすると、
ブログテンプレートのテスト環境を作ることができますね。

 

プログラミングをできる人は、
PHPなどで開発ができます。

 

インターネット環境がなくても
作成できるところがいいですね。

 

 

XAMPP-VMとは?

Xampp-vm

 

XAMPPとは、Macの中に

 

  • Webサーバー
  • データベース
  • 開発言語

 

をインストールしてアプリケーションの
環境開発提供するソフトウェアパッケージです。

 

  • X: クロス(X)プラットフォール
  • A: Apache
  • M: MySQL
  • P: PHP
  • P: Perl

 

の頭文字を取ってXAMPPですね。

VMとは、この環境をMacの環境に
混在させずに独立させて構築するものです。

 

仮想環境というものですね。

実際に使用するときは、

「マウント」(Mount)

という作業をします。

 

ただ、XAMPPでは、
クリックひとつでマウントできます。

 

XAMPP-VMのインストールは簡単!?

XAMPP-VMのインストールは簡単です。

パッケージをダウンロードして、
ダブルクリックしてインストールするだけです。


Macの場合は、dmgのファイルをダウンロードして
クリック、マウントして、

アプリケーションフォルダにコピーするだけです。

 

XAMPP-VMの設定は難しい。

ただ、設定が難しいです。

普通のアプリのようにフォルダを入れて起動して使う。

 

起動までは、簡単にできますが、

「PHPの異なるバージョンをインストールしたい。」

とか、

「Perlモジュールをインストールしたい。」

みたいなことすぐにはできません。

 

  • ディレクトリをマウントして、
  • ターミナルを起動して、
  • シェルを起動して
  • ユーザーをスイッチして
  • インストール

 

といったことを実施する必要があります。

 

まとめ

XAMPP-VMは、すでに書いたように

 

インストールは簡単。

設定は難しい。

 

といった感じです。

個人的にはVMではなく、
通常のXAMPPがおすすめです。

 

私は、プログラマーではないので、
ブログのテンプレートテストができれば
十分です。

 

だから、VMをあれこれいじるのは、
もう少し後になりそうです。

 

VMをインストールしてみたいという方は、

動画を参考にインストールしてくださいね。

 

今回は以上です。

- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。