ScanSnap Cloudって何?便利そうなので入れみた。

ScanSnapにCloud版が出ましたね。

私のiX500がScanSnap Cloudでそのまま
ダイレクトにスキャンができるようになったので
すごく便利になりました。

 

- スポンサードリンク -

今までは、MacかiPhoneのいずれかがないと
スキャンができなかったのに、

ScanSnapだけでスキャンしてクラウドサービス
にそのままダイレクトに転送できるから、

すごい楽になった。

 

今回は、ScanSnap Cloudのインストールから
設定までをお伝えします。

 

今回の記事は、ScanSnapシリーズで

  • iX100または
  • iX500

をお持ちで、毎回パソコンやスマホを
立ち上げて書類や名刺のスキャンをしていて、

「バソコンやスマホ無しでスキャンしたい。」

と日々感じていた方に向けて書いています。

 

ScanSnap Cloudとは?

「ScanSnap Cloud」※とは、コンピュータやタブレット、スマートフォンを使わずに、様々なクラウドサービスにスキャンデータを直接つなげるサービスです。

スキャンした原稿を「レシート(領収書)」「名刺」「文書」「写真」の4つの種別に自動的に判別し、お客様がご利用するクラウドサービスに振り分けて保存します。

※iX500・iX100をお買い上げのお客様、iX500・iX100をお使い頂いているお客様へ無償提供いたします。

NewImage

引用: http://www.pfu.fujitsu.com/imaging/scansnap-cloud/index.html

 

ScanSnap Cloudの料金は?

 便利な機能が満載のScanSnap Cloudですが、
iX500・iX100を購入した方は、無償で使用可能です。

利用料金はかかりません。

料金が気になっていた方には、無償で使用できると言う点でありがたいですね。

という私も、無償ということで使い始めました。

 

ScanSnap Cloudの特徴は?

ワンプッシュの簡単操作です。

原稿をセットしてスキャナー全面のボタンを押すだけで、
スキャンされた原稿が、クラウドに保存されます。

コンピューターなスマホなどの操作するための端末は不要です。

こんな↓感じで、原稿セットしたら、ボタンを
「ワンプッシュ」
の簡単操作だけです。 

 

1704230855

今まで、5ステップだったものが、1ステップだけ。
簡単ですね。 

ScanSnap Cloudの機能は?

1704230628

新機能のe-文書法の要求画質対応やスキャン書類
の自動振り分けなどが加わって便利機能満載です。

今までの機能

  • クラウドに直接連携

スキャン後の書類は、DropboxやGoogleドライブなど、
クラウドサービスに直に連携します。PC、スマホ不要。

  • 検索可能なPDFファイルをクラウド上で作成

今までは、OCR処理(検索可能なPDFを作る処理)を
選んでバソコン上で処理していました。
バックグラウンドでかつパソコンの処理がない時
に動くため、なかなかPDFの処理が終わらなかったですね。

新機能では、スキャンした書類がクラウド上に保存され、
 

  • 自動ファイル名生成

スキャンした書類の内容から自動的にファイル名を作成します。
ファイル名に悩まなくて済みますね。

文書などは日付とタイトルなどを読見込んでファイル名にしてくれるので
なかなか便利です。 

  • 自動イメージ最適化

画像の処理は、今までパソコンが必要でしたが、クラウド上で画像処理をしてくれます。

  • スマートデバイスのカメラでもスキャン可能に

新機能

  • 「e-文書法 (電子帳簿保存法)」の要求画質に対応

クラウド会計サービスと連携することで利用ができる。
紙の原本を廃棄できるので、検索が容易になり、
保管スペースの節約ができます。
  • 自動振り分け

スキャンした原稿を自動振り分けしてくれます。
これも、なかなか便利です。 

 

ScanSnap Cloudのダウンロードする

ScanScap Cloudのダウンロードから各クラウド
サービスの設定方法です。

私の場合、Dropboxだけで事足りるので、今回は
Dropboxの設定例について書いています。

その他のサービスの設定も簡単なので、環境に
合わせて設定してください。

 

まず、ScanSnap Cloud設定ツールをダウンロードします。

http://www.pfu.fujitsu.com/imaging/scansnap-cloud/system.html#tool

1704230629

 

 使用している環境に合わせて、選びます。

今回は、Macの設定方法について説明します。

Mac App Atoreをえらびます。

 

 

1704230630

 

ScanSnap Cloud App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

 

 

Mac App Storeプレビューが表示されたら
Mac App Storeで見るをクリックします。

環境によっては、ここをスキップして、
Mac App Storeに続けて飛ぶことがあります。 

1704230631


ScanSnap Cloudアンコン下の"入手"をクリックします。 

1704230632

 

Apple IDとパスワードを入力します。 

1704230633

 

IDとパスワードを入力すると"入手"が"開く"に変わります。
"開く"をクリックしてアプリを開きます。 

 

1704230634

 

ScanSnap Cloudを設定する

ScanSnap Cloudの設定画面が開きます。

始めて利用するので、"始めて利用する"をクリックする。

 

1704230635

 

ScanSnap のWifiを"ON"
USBケーブルを接続します。
(USBケーブルを接続しないと、ここから先に進みません。)

1704231224

 

準備ができたら、"次へ"をクリックします。 

 

1704230636

 

 このメッセージが出たら、アプリが起動ていないか確認します。
ScanSnap Managerが開いていたら、閉じます。 

1704230637

 

フタを開いただけでは、認識しない時があります。

このメッセージ↓が出たら、電源ケーブルを抜き差しして

電源を入れ直します。
 

1704230638

 

スキャナーが認識されてつながると、
アップデートの画面があらわれます。

"アップデートを開始"をクリックしまする。 

1704230639

 

失敗したら、フタを閉じて再度開くか、
電源を切って再度電源ONにしてやってみましょう。

私の場合は、フタの開閉で上手く行かなかったので、
電源を切って、再度入れたら上手く行きました。

 準備が整ったら、"続ける"をクリックします。

1704230640

 

ネットワークに接続されたら、
"続ける"をクリックします。

1704230641

 

ScanSnap Cloudのアカウントを登録します。

メールアドレスとパスワードを入力します。
入力後に同意して登録します。 

1704230642

 

登録が完了します。

1704230643

 

ScanSnap Cloudの各種サービスを登録する

 原稿の種類により、サービスが振り分けられます。
振り分けるクラウドサービスの登録をします。

"設定を開始する"をクリックします。 

1704230644

 

各種サービスのうち、まずは、一つ選択します。

1704230645

 

今回の例では、まずDropboxを選択します。

1704230646

 

Dropboxがアクセスリクエストをするので、
"許可" をクリックします。

1704230647

認証に成功したら、 

1704230648

"ScanSnap Cloudを開く"をクリックします。

1704230649

 

他も同じクラウドサービスを使う時は、"設定する"を
個別に設定する場合は"設定しない"を選択する。 

1704230650

 

上記"設定する"を選んだ場合は、サービス名が同じで
保存先にそれぞれの名前がついて設定されます。 

1704230651

 

保存先を確定するとすべての設定が完了します。

完了したら、"続ける"をクリックします。

1704230652

 

 

 WifiがONの状態で、USBケーブルを抜くと、
スキャナーのランプが、
上半分が青、
下半分が紫

の状態になります。 

1704230653

 

1704231229

 

 

1704230654

1704230655

 

ScanSnap Cloudので書類を保存してみよう。

原稿をセットして読み込みましょう。

1704230657

 

スキャすると、一覧が表示されます。

1704230658

 

MacでDropboxのフォルダの中身を確認してみると、
スキャンした書類がありました。

1704230656

 

 

まとめ

今までは、ScanSnapを使う時に、
パソコンかスマホが必要でした。

今回のScanSnap Cloudでは、
今回紹介した設定を完了しておくと、

これからは、ワンタッチで原稿をスキャンしてくれます。

また、スキャンした書類が一覧表示されるので便利ですね。

 

名刺管理はEightなどが有名なので、登録した後に
使ってみようと思います。

余談ですが、DropboxとQNAPと言うNASが自動同期しているので
手間がかからず、書類のバックアップができそうです。

 

これからは、どんどん便利なクラウドサービスが
出てきそうですね。

 

楽しみです。 

 

今回は以上です。

ありがとうございました。

- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。